2007年10月22日

とりあえず、何を書くつもりなのかの説明です。

他にブログのアカウントは持っているのですが、そっちはそっちでアホな事や雑多なことを書いてるので、ちょっと専門的な話題は不向きということで新たにブログを起こしました。

ここで書こうと思っていることは、WEBサーバの環境についてです。
普通に考えれば、よく自宅や会社などでLinuxでWEBサーバを立ててといった流れがあると思います。
しかし、そういった情報はあふれるほど書かれており今更といった感は否めません。
ここではもう少し話を進めて、WEBサーバという単位ではなくWEBサービスという単位で、止まらないサービス環境を作る方法論について考えながらやって行きたいと思っています。

なぜこのようなブログを書こうと思ったのかという話になるのですが、、。
私は現在、自営でWEBアプリケーションの開発を行っています。過去の職種の中では汎用機も含むシステム構築のSEをメーカーでやっていました。
今の環境では仕事の規模が小さいため、サーバの構築を請け負ってもせいぜいが単独サーバの範疇です。過去の汎用機の仕事を思い起こすと厳重な保護を考慮したシステムなどがあり、そういったものと比べた場合のコストをかけられない(あえてかけないものもありますが、、)WEBシステムの弱さは相当のものと思います。
もちろんサービスに可用性が求められるものであれはコストをかけられますが、単なる情報提供目的のWEBサービスではそこまでの要求がされることはあまりありません。

以前(もう6年くらいも前になるかな?)、とあるケータイサイトをいくつか運営している会社に相談されたことがありました。
(当時はIT関連から数年間離れていた後、IT自営になりたてのころでリハビリ期間的な時期でもありました)
サーバ代を安くしたい。と。いろいろ考えたのですが、そこのサイトは全てが別々のホスティング環境に分かれていました。単純に考えたのはまとめることでした。iDCにラックを借りて、一箇所にまとめて、ロードバランサでバランシングして、サイトの負荷の具合にもよりますが同一のハードウェア上に複数のサイトが混在しても良いと考えました。同じ内容の詰め込みWEBサーバを複数台運用する方式です。各サイトのアクセスピークもばらばらであるという特性も考慮すると効率的でした。
しかし、提案は通りませんでした。想像以上に予算が無く、ロードバランサが高額であると指摘されたのです。(1年以内に相当のコストダウン効果が出て投資分をペイできる提案だったのですけどねぃ。)
この時の設計思想は、自分の中ではなかなか面白いと思っておりいつかはこういった無停止かつ高負荷に耐えるシステムを手がけたいと思っていました。
しかし、個人単位で請け負っている範囲の仕事にそういった要件を持ったものはそうそう出てきません。。

そう思いながらも、冗長化についていろいろ思いを巡らせていたのです。


そうこうしていたら、最近、できるだけサービスを止めたくないという要求の仕事(さすがに数人以上のプロジェクトです)に参加して欲しいと誘われました。そして、いろいろと調査をしてみたところオープンソースのプロダクトの組み合わせでも相当の環境が構築できそうなことが見えてきました。

その先駆者的な存在として、参考にさせていただいたのはKlab社のDSASというWEBシステム構築の考え方です。
DSASは、おそらくそれ自体はパッケージ化された製品ではないのだと思います。Klab社の顧客に対してシステム構築や改善の手法として提案し、システムに合った形でコンサルテーションから構築、運用支援といた流れのカスタマイズ型ソリューションサービスなのだと思います。(DSASの名前は表にはっきり出ていますが、それをビジネスメニューとして全面には押し出していないっぽい)

DSASに関しては開発者ブログというサイトが存在しており、どういった考え方で、どんなソフトを使って冗長化を行うのかが紹介されています。また、こちらのメンバーは専門誌(WEB-DB Magazine)にもDSASの基礎になる情報を寄稿しています。

DSASに関しては、考え方もソフトの組み合わせ方などもわかるのですが、それが絶対的なものでは無い(Klab社の方々も記事の中で書いておられます)と思うところがあります。ブログや記事の中で述べられていることは、あくまでも一つの例であり、Klab社はニーズに合わせた解は相当に持っているはずです。(その辺は記事の雰囲気から伝わってきますもの)

そして、自分も自分の考え方というものを絶対だなんて思っていません。このブログでどこまでできるのか、どれだけ実証しながら情報をまとめていけるか、今の時点では想像もつきません。



自分にとって、システムの冗長構成をオープンソースのソフトウェアで低コストで実現するというのは、興味深いテーマです。

そして、それをさらに低コストで実現するための方法論を考えていけたらと思っています。
(無償で使えるソフトで構成するのに、さらに低コストって??そりゃ、あの辺が削れるじゃないですか。ソフトが無償で使えるから、こんなことにチャレンジしようなんて考えてしまうんですよ。)

ということで、どこまで続くか判りませんがよろしくお願いします。
posted by きっちゃん at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | MEMO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/61826064

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。