2008年01月19日

このBlogが滞っている件

せっかくテーマを構えたものの、いつまでも本題に入らないこのBlogですが、紆余曲折ありまして、ノウハウの蓄積ができておりません。

期間での「約束」で請け負っていた仕事で、冗長構成のシステムを構築していたのですが開発元の仕切りの問題で検証用機材は手配されないわ、スケジュールはぐちゃぐちゃだわ、責任者は不在だわ、第一回の支払いも忘れられるわ、で泥沼の様相を呈しておりまして、なんともなりません。


「約束」と書いたのですが、当初は以前から何度も仕事を共にしている信用できる人物を仲介して仕事を請けていましたので、後に書面化する前提で口約束で仕事を請けていました。
しかし、なかなか書面での契約の段取りすら整わず挙句の果てに仲介をしていた人物が心の病に陥ってしまいました。

結果、私としてのこの仕事は半ばで崩壊し、終了となりました。期間契約での報酬は反故にされ、部分的な仕事だけが認められて当初予定の1/4にも満たない金額しか支払われませんでした。
しかし、コードを書かなければ仕事をしたことにならないってどういう了見でしょう。環境構築をなめてます。
本来、口約束でも契約は契約なのですが、約束を交わした人間が心の病となり、出社以前に電話での会話もままならない状況なので、約束の件もこれ以上追及不可能と判断しました。
(追求以前に、心の病を悪化させたくないとの思いで考えさせることすら避けたいと考えました。これしきの事で恨むなんてできないくらい、お世話になった方なのです。)

なんといいましょうか、ここで思うのは、開発元の営業担当の心のえげつなさです。
ひどいですね。人の心というのは、一度汚れるとどこまでも行ってしまうのでしょうか?
あれほど打ち合わせの場で期間での契約の内容を話していたのに、知らぬを決め込むのですから、信用ならない人間というのが実在すると思い知らされました。
自分の場合、今までの人間関係が良すぎたのだと思います。性善説で生きたいと今でも思っていますが、体験に勝るものは無く、あれほど汚れた心を見せられると性悪説も否定できなくなってしまいます。
と、ここまでは昨年末までの話です。

今年は心機一転で、とあるASP的なサービスの開発に取り組んでいます。
環境設計も込みなのですが、スモールスタートなので初期の規模は極小です。
しかしアプリケーションの設計は、スケールアウト可能なように初期の段階から考慮して進めています。利用者が増え、システムの増強を行うにつれて、どんどんとスケールアウトできるようなものになるはずです。
最初はできるところから、負荷の増大と共にトライ(検証)しながら良いシステムを構築できたらと思っています。

posted by きっちゃん at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | よけいなもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/79500076

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。